超音波あり/なし 穴壁面の粗さ比較

 |  |  | 0

Rs-JAPAN 福岡ファクトリーです。

 

今回は見た目が非常に分かりにくいサンプルになります。

青板ガラス(フロートガラス いわゆる窓ガラスの素材です。

 

断面が緑色の)に穴加工を行い、それを半分に切断して穴壁面の粗さを測定しました。

 

・ツール:φ6.2 #200 パイプツール

・加 工:連続送り 5mm/min

 

そしてその比較画像がこれです!

 

[ 超音波あり( Ra0.60μm Ry7.70μm ) ]

 

超音波なし ( Ra0.92μm Ry13.2μm ) ]

 

分かりにくいですねぇ~。

 

近くで凝視するより、少し離れて眺めてみてください。

 

若干超音波ありの方が目が細かく見えませんか?(ほんとに若干ですけれど)
この若干が非常に大切だったりします。

 

例えば加工した穴を磨いて透明にする場合、少しでも穴壁面の粗さが細かいと

作業時間が少なくて済んだりします。

(意外と磨きは手作業だったりするのです)

 

また、ガラスの場合は特に粗さが細かい方が製品の強度が上がります。

ガラスは砕かれながら加工されますから、加工された箇所は欠けなんですよねー結局。

 

本当に少しの違いですけれど、こういう違いが積み重なる事で製品のクオリティーが上がって行きます。

 

一足飛びにドーンと行きたいですけど、Rs-JAPANはコツコツ技術を積み重ねて行きます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。